スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
食事をきちんと
2015 / 01 / 13 ( Tue )
 聖書を読んでいると、
イエスさまが弟子たちや群衆などに対して
「食事をきちんととるように」または「食事をきちんととらせるように」
と言っておられる箇所が意外と多いことに気が付きます。

 霊の糧である聖書のみことばも、規則正しくきちんと、
そして全体からバランスよくとることが大事なのだと思わされます。
そうすることで、健全に育つことができるでしょうから。

「あなたの神、主が、
あなたのすべての収獲、
あなたのすべての手のわざを
祝福されるからである。
あなたは大いに喜びなさい。」
<申命記16章15節>
スポンサーサイト
22:42:44 | 2015年冬 | page top↑
ホワイトアウト
2015 / 01 / 07 ( Wed )
 今シーズンの函館は
雪が少なめかなと喜んでいましたが、
そうではありませんでした。
昨日から雪が降り続き、
今日だけでも5回の雪かきをしました。
吹雪いている中での雪かきでは、
時々、ホワイトアウト状態になります。
車はほとんど通りませんが、
それでも要注意です。

 テレビのニュースでは、
「車や徒歩での外出をしないように」と呼びかけています。
危険は雪山だけでなく、
市街地でも一般道でもあります。

 雪かきの重労働も感謝しつつ終えました。
まるでご褒美かのように、
知人からの贈り物が届けられました。
祈り求めていた壁掛けと卓上のカレンダー2種類も送ってくださいました。
本当に「祈りは聞かれる」とあらためた感謝しています。
思いをはるかに超えた恵みの中で生かされていることを思います。
22:44:23 | 2015年冬 | page top↑
奇跡を信じる
2015 / 01 / 04 ( Sun )
 2015年最初の主日礼拝では、
イエスさまの奇跡について語られました。
奇跡を見てイエスさまを信じるか、
奇跡を見てもイエスさまを信じないか…。
「信じる」ことの幸いを選びたいと思います。

 わが家では、今日、奥歯が抜けるという出来事が起こりました。
「すべてのことを感謝し、すべてのことを喜ぶ」という聖書の教えに従い、
奥歯が抜けたことを感謝し、喜び踊りました。
そして、2回目の永久歯が生える奇跡を信じて、
イエスさまに祈り求めました。

「しっかりしなさい。
わたしだ。恐れることはない。」
<マルコの福音書6章50節>
22:27:48 | 2015年冬 | page top↑
幸せになる
2015 / 01 / 03 ( Sat )
 年末までに何とか最低限の大掃除を終え、
気持ち良く新年を迎えることができました。

 1月1日に神さまから語られたみことばが
深く心にはいってきました。

「主が正しい、また良いと見られることをしなさい。
そうすれば、あなたはしあわせにな(る)」<申命記6章18節>

 今年も一人一人の上に、
さらなる神さまの恵みと祝福が現されますように!

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

00:05:19 | 2015年冬 | page top↑
クリスマス・イブに
2014 / 12 / 24 ( Wed )
 世の中はクリスマス・イブということで、
ホワイト・クリスマス、おいしい食事、
光あふれるイルミネーション―と
さまざまな楽しみがあるようです。

 聖書によると、イエス・キリストはこの季節に
お生まれになったのではないことが分かりますが、
神のひとり子であるイエスさまが人となって
この世に来てくださったのは大きな恵みです。

 イエスさまは、その愛ゆえに
私たち罪人一人一人の身代わりとなって
十字架で罰を受けてくださいました。
その故に、悔い改める者には赦しが与えられ、
永遠の罰から救い出されて永遠のいのちを受け、
天国で神さまとともに生きることができます。

 一人でも多くの人が、雪よりも白く清い者とされ、
真の光であるイエスさまを信じて生きる恵みと祝福に思いを向け、
神さまからの招待を受け取る時となりますように。

「神は、実に、
そのひとり子をお与えになったほどに、
世を愛された。
それは御子を信じる者が、
一人として滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである。」
<ヨハネの福音書3章16節>
23:19:03 | 2014年冬 | page top↑
雪かき 新型続々
2014 / 12 / 19 ( Fri )
 何年も使っていた雪かきは修理を重ねてきましたが、
とうとうヘッドの部分が割れてしまい、
使えない状態になってしまいました。
次の大雪がくる前に、
雪がやんでいる今日、買いに行くことにしました。
行く途中、主人と二人で
「柄の部分とヘッドが取り外しができる雪かきがあるといいのにね」
と話していました。

 お店に行ってみると、
何と柄とヘッドが取り外しできるものが売っていました。
ありがたいことです。
さらに、ヘッド部分がエンボス加工になっていて
雪がくっつきにくいものや、
柄の部分が「S」の字の両端を長く伸ばしたような
形になっていて腰の負担が軽減されるものなど、
新型がいっぱい並んでいました。

 雪かきもどんどん改良されているのですね。
いろいろ考えられているようです。
でも、できればこの冬はあまり
雪かきを使わなくて済むようにと願っています。

「もし、あなたがたのうちふたりが、
どんな事でも、
地上で心を一つにして祈るなら、
天におられるわたしたちの父は、
それをかなえてくださいます。
ふたりでも三人でも、
わたしの名において集まる所には、
わたしもその中にいるからです。」
<マタイの福音書18章19、20節>
23:11:55 | 2014年冬 | page top↑
買い物難民に支援物資
2014 / 12 / 18 ( Thu )
 夜中に大変な事があったのでやや寝不足ながら、
今日は休日なので、朝からお掃除をがんばり、気分もすっきり。
何だかとても幸せな気分で過ごしていました。

 そんなところへ、お知り合いの方から宅配が届きました。
開けてみると、「買い物難民」へというお手紙とともに
さまざまな食品の詰め合わせが入っていました。

 この時期は、雪道を歩いて遠くまで買い物に行くのは大変です。
しかも、重たい品物を持ち帰らなければならない時はなおさらです。
そんな状況をも考えてくださっていることがとてもよくわかりました。

 温かい愛と配慮に満ちた贈り物をしてくださる方を想い、
あふれんばかりの恵みに感謝いっぱいの一日でした。

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、
自分を捨て、自分の十字架を負い、
そしてわたしについて来なさい。
いのちを救おうと思う者はそれを失い、
わたしのためにいのちを失う者は、
それを見いだすのです。」
<マタイの福音書16章24、25節>
20:57:51 | 2014年冬 | page top↑
暴風雪の影響 命を守る
2014 / 12 / 17 ( Wed )
 数年に一度といわれる暴風雪によって、
広い範囲でその影響を受けています。

 北海道では、吹雪や強風で巻き上げられた雪で
視界が塞がれるホワイトアウトが起こったり、
陸・海・空ともに交通機関がストップしたり、
停電した地域があったり、
高潮が発生し冠水した地域もありました。
各所で避難所も開設されています。

 また、痛いほどに吹き付ける強風の中での
大量に降った雪の片付けも大変です。
特に屋根からの落雪は固くて重いので、
それを片付けるのはかなりの重労働です。

 さまざまな状況において、
まさに命を守ることを考えて行動しなければなりません。

「わたしはこの岩の上に
わたしの教会を建てます。
ハデスの門もそれには打ち勝てません。
わたしは、あなたに天の御国の鍵を上げます。
何でもあなたが地上でつなぐなら、
それは天においてもつながれており、
あなたが地上で解くなら、
それは天においても解かれています。」
<マタイの福音書16章18、19節>
22:19:00 | 2014年冬 | page top↑
数年に一度の暴風雪の前に
2014 / 12 / 16 ( Tue )
 函館では今日、
この季節には珍しく雨が降りました。
夜になってだんだん雨も風も強くなってきました。
今夜から明日、明後日まで、
数年に一度といわれる暴風雪の予報が出ています。
北海道内の小中学校など約500校で、
すでに明日の休校が決まっているようです。

 今日は雨が降りだす前、
いつも共に聖書の学びをしている方とお会いして、
おいしいコーヒーをごちそうになりながら、
いろいろなお話を伺うことができました。

 神さまの前に正しい行ない、
愛と知恵に満ちた対応をすることを選ばれたという体験談を伺い、
深く心に残りました。
お話を伺って、
それが自然で当たり前のことなのだと、あらためて思いました。
日常の一つ一つの行ないにおいて、
心の深い所を見ておられる主の前に
恥ずかしくないものでありたいと願うことが大事だと強く思わされました。

「ああ、あなたの信仰はりっぱです。
その願いどおりになるように。」
<マタイの福音書15章28節>
21:29:27 | 2014年冬 | page top↑
大間原発
2014 / 12 / 15 ( Mon )
 昨日の総選挙では、
投票したい対象がないという人も
多かったとニュースで報じていました。
最善がなければ次善を、
それさえないなら消去法でも投票を―
との勧めもされていました。

 そう考えると、いつも私たちのために
最善だけを導いてくださる神さまがおられるということは、
何とすばらしい恵みかと思います。

 青森県の大間原発差し止めの署名活動が町会でも行われていて、
今日はその名簿が回ってきました。
最善とは何なのかとしっかり考え、
また神さまが導いてくださる最善を選んでいけるように
祈っていきたいと思いました。

 五つのパンと二匹の魚しかなくても
「それをここに持って来なさい」と言われ、
5000人以上の人を養ってくださったイエスさまの元へ差し出すなら、
人の力も思いも超えて最善の解決が与えられるのだと思います。

「良い地に蒔かれるとは、
みことばを聞いてそれを悟る人のことで、
その人はほんとうに実を結びます。
あるものは百倍、あるものは六十倍、
あるものは三十倍の実を結びます。」
<マタイの福音書13章23節>
21:50:16 | 2014年冬 | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。