スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
レーナ・マリアさんの輝く笑顔
2011 / 05 / 31 ( Tue )
 レーナ・マリアさんの
『マイライフ』という本を読み終わりました。
満面の笑顔の写真もいっぱい載っていて、
見ているだけで幸せな気分になります。

 生まれたときから両腕がなく、
左足は右足の半分の長さしかなかったという
ハンディキャップがありますが、
ご両親の下で、愛と喜びにあふれ、
信仰による力強さにあふれたクリスチャンとして生長し、
その輝きを見ることができました。

 神さまからの使命を全うすることを第一としていることや、
神さまに喜んでいただくために賛美をささげていることや、
祈りと聖書を読むことが生活の土台になっていて、
神さまに祈り、神さまのみこころを求め、
そして、神さまのみこころを行なっていくことを
とても大切にしている様子がうかがえました。

 このような生き方は、私たちも教会で教えられ、
そのように導かれてきていることなので、
とても身近に感じられ、すんなりと理解でき、
そして、とても力を受けることができました。

 この時にこの本に出会えたことにも
何か大きな意味があるようにも思います。
スポンサーサイト
23:45:26 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
声を聞かせて
2011 / 05 / 30 ( Mon )
 今、関わっている仕事はスタッフが各地方に住んでいるため、
仕事上のやり取りはほとんどメールで済ませますが、
時々、電話で話をする必要が生じます。

 今日はそのおかげで、
遠くに住む方と久しぶりに話をすることができました。
お元気そうな声を聞くことができて、
とても励まされ、喜びがわいてくるような気がします。
仕事の話も無事に済ませることができました。

 たまには、こうして直接、相手の方の声を聞くというのもいいものですね。
23:08:12 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
大きな計画
2011 / 05 / 29 ( Sun )
 先週は珍しい光環と環水平アークをが
1週間に2回も見ることができて、
神さまの特別な祝福を感じました。

 そして、先週は、隣町の牧師さんご夫妻が
私たちが所属する教会を訪ねてきてくださり、
ゴスペルコンサートにお招きくださったり、
それ以外にも、私も所属している函館ゴスペルクラブが
函館市内の福祉施設から
ボランティアコンサートの依頼があったりしました。

 これらの事の中に、そしてその先に
神さまの大きな計画があることと思い、
とても期待しています。
22:53:12 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
本のリサイクルフェア
2011 / 05 / 28 ( Sat )
 函館市中央図書館で、本日28日と明日29日の2日間、
本のリサイクルフェアが開かれています。
毎年開かれていますが、今年初めて行ってみました。
絵本や単行本は一律100円、
文庫本と雑誌は無料で持ち帰ることができます。

 長年、探し求めている『フットプリント』と
『クオ・ヴァディス』はありませんでしたが、
『マイライフ』(レーナ・マリア)、『沈黙の春』(レイチェル・カーソン)、
『慶州ナザレ園』(上坂冬子)などの本を手に入れることができました。

 その他、お楽しみで、『異文化をこえる英語』(鳥飼玖美子)、
『女だけの快適海外旅行術』なんていう本も頂いてきました。

テーマ:北海道 - ジャンル:写真

23:58:37 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
函館の空に 光環と環水平アーク
2011 / 05 / 27 ( Fri )
虹色の光環 虹色の環水平アーク

 22日の日曜日に続いて、
今日27日も太陽の周りに光環が現われ、
その下の方には左右にとても長く広がった
虹色の環水平アークも現われ、
長時間、見ることができ、
喜びに満たされました。

 こんなに珍しい現象が立て続けて起きているのは、
単なる偶然ではないのだと感じています。
祝福のしるし、約束の成就のしるしとして
神さまが見せてくださっているのだと思い、
本当に慰められ、励まされます。

テーマ:北海道 - ジャンル:写真

23:29:57 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
決心するということ
2011 / 05 / 26 ( Thu )
 30年来の願いがかなって始めた習い事も、
すでに9か月ほどたちました。
毎月4点の課題を提出しなければなりません。
忙しい中で課題に取り組む時間を確保するのはなかなか難しいものです。
ほとんど取り組むことができないまま、
課題提出の締め切り日がやって来てしまうこともしばしばです。
今月もそのような状況でしたが、
今日やっと課題を郵送してきました。

 しなければならない事やするべき事がいろいろある中で、
この習い事の優先順位はかなり下位に位置しているので、
「できないかも…」とか「無理だぁ~」と気持ちが引いてしまうと、
そのままずるずると後退してしまいそうなので、
不十分な出来映えでも、とにかく「提出する」ことに心を決めています。

 こうして、何かに取り組むときの姿勢を自分自身で明確にしておくことが、
何かに取り組むための第一歩なのかなぁ…と思います。

 そう思うのは、聖書の「私と私の家とは、主に仕える。」
<ヨシュア記24章>の決心の表明の力強さが
深く心に残っているからかもしれません。
23:27:36 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
大丈夫…。神が共におられるから
2011 / 05 / 25 ( Wed )
 ちょうど仕事が忙しい時間帯に息子から電話がかかってきました。
「忙しいから、後でね」といったんは電話を切ろうとしましたが、
息子の尋常ではない様子を感じたので、
右手で仕事をしながら、
左手に携帯を持ってそのまま話を聞くことにしました。

 自分の力ではどうにもできない状態にまで追い込まれていて、
それがますますひどい状態になっているということでした。
このままでは、どうにかなってしまいそうなほどです。
言葉にならない息子の代わりに、
苦しいこと、つらいことの一つ一つ、
問題や困難の一つ一つを神さまに感謝し、
解決を求める祈りをし、賛美し、
聖書のみことばを告白し続けました。

 日曜礼拝のメッセージでは
「神は彼とともにおられる」と語りかけを受けたばかりでしたし、
祈っていると、神さまは息子を愛してくださっていて、
息子のこのような状態のすべてを知っていてくださり、
そして、最善の解決を与えてくださり、
安らぎと喜びで満たしてくださるということを
とても強く実感することができ、涙があふれてきました。

 今すぐにでも息子の所へ飛んでいって、
ぎゅっと抱きしめてあげたい、
少しでも重荷を軽くしてあげたいと思いますが、
今、それができないことも、
きっととても感謝なことなのでしょう。
きっと、この事を通して、
さらに祈りの恵みを知ることができるのだと思います。

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

23:42:03 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
環水平アーク(水平環)
2011 / 05 / 22 ( Sun )
環水平アーク

 お昼に礼拝が終わって、空を眺めたら、光環が見えました。

 それだけではなく、その下の方には
虹を横にまっすぐ伸ばしたような環水平アーク(水平環)が見えました。
今まで見た環水平アークの中で最も横に長く伸びていて、
とても大きく広がっていました。

 空にこんなにきれいなしるしを見ることができるなんて、
とても感動しました。
きっとすばらしい祝福のしるしなのでしょう。
期待しています。
23:41:32 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
ルターとカルヴァン
2011 / 05 / 21 ( Sat )
 今日は、主からの促しを感じ、
何年ぶりかで『ルターとカルヴァン』を読みました。
以前ならとっくに1冊を読み終えていたのでしょうけれど、
最近は読むのに時間がかかり、まだ読み終えていません。
…というより、ゆっくりと時間をかけて読んでいます。

 じっくりと、聖書のみことばと照らし合わせながら、
「聖書に立つ」「みことばに立つ」という基本を再度確認中。
何を土台とするかが大事なのだと深く思わされています。
21:44:33 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑
おいしいもの!
2011 / 05 / 20 ( Fri )
 一人暮らしをしている息子は、
今年の健康診断で昨年より
体重が4キロも減ってしまったことが分かったそうです。

 お花見の季節にはバーベキューを楽しむ人たちが多く、
おいしそうな匂いが漂ってきます。
そこで、「息子にもおいしいバーベキューを食べさせてください」
と神さまに祈っておきました。
そうしたら、その後、
息子は大学のゼミの担当教授のお宅で集まりがあって、
その時にバーベキューをして、
おなかいっぱい食べることができたと聞きました。

 また、「息子においしいお寿司を食べさせてください」
と祈ったすぐ後に、
息子は大学の授業を終えて帰るところで
教授からお誘いを受けて、
回らないお寿司屋さんで(!)
おいしいお寿司をごちそうしていただいたそうです。

 不思議なくらいに次々と祈りが聞かれていて、
驚いてしまいます。
こんな祈りも聞いてくださり、
そして私たち親以上に息子を愛していてくださり、
恵みをいっぱい注いでくださっている神さまに感謝です。

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

22:43:56 | 2011年春 | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。