スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
せっかくですから、足湯に
2009 / 11 / 30 ( Mon )
F1000493.jpg
 さすがに自転車で出掛けると寒い時期になりました。
今日は北風も強くて、体は冷え切ってしまいました。
途中、「せっかくだから…」と、主人と函館・湯の川の足湯に立ち寄りました。
ご年配の男性陣が何人も温かいお湯に浸かっていました。
その中のお一人は、「こっち方が熱いぞ~」と言って席を譲ってくださったり、
ポケットから飴を取り出して、皆に配ってくださったり、
お湯から上がって帰る一人一人に「また来てね~」と声を掛けたりしていらっしゃいました。
何だか、心も体もあったか~くなった足湯での一時でした。
 明日12月1日からは、温度調節のため、
足湯の半分には覆いがかけられてしまいます。
その分、ちょっと狭くなりますが、
それもまた親しい交わりの機会となるかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ:幸せなひととき - ジャンル:結婚・家庭生活

21:25:51 | 2009年冬 | コメント(0) | page top↑
ガラスの海のほとりで
2009 / 11 / 30 ( Mon )
「彼らは、神のしもべモーセの歌と小羊の歌とを歌って言った。
『あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。
主よ。万物の支配者である神よ。
あなたの道は正しく、真実です。
もろもろの民の王よ。主よ。
だれかあなたを恐れず、御名をほめたたえない者があるでしょうか。
ただあなただけが、聖なる方です。
すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。
あなたの正しいさばきが、明らかにされたからです。』」
<黙示録15章>
21:24:05 | みことば | コメント(0) | page top↑
ゴスペルクラブ 本番に向けて
2009 / 11 / 29 ( Sun )
 市内の施設でのクリスマスコンサート本番に向けて、
今日は函館ゴスペルクラブのメンバーが集まっての最後の音合わせとなりました。
練習が始まる前には、祈りの時をもっています。
神さまにより頼まなければできないので…。
さらに、自主練習も神さまが用いてくださり、
今までよりもぴったりと音を合わせることができました。感謝です。
22:25:05 | ゴスペル | コメント(0) | page top↑
労苦から解き放され
2009 / 11 / 29 ( Sun )
「書きしるせ。
『今から後、主にあって死ぬ死者は幸いである。』
御霊も言われる。
『しかり。彼らはその労苦から解き放されて休むことができる。
彼らの行ないは彼らについて行くからである。』」
<黙示録14章>
22:24:04 | みことば | コメント(0) | page top↑
ゴスペル 自主練習中です
2009 / 11 / 28 ( Sat )
 ゴスペルクラブのクリスマスコンサートに向けて、
特訓が必要な私は、主人に相手をしてもらって自主練習しています。
メンバー皆で、ぴったりと音が合った時は本当に気持ちいいものです。
クリスマスということで、「いつくしみ深き」「諸人こぞりて」なども歌いますが、
歌詞のひとつひとつの言葉が祈りとなって
神さまの御前に立ち上りますようにと、
本当に祈るような気持ちで歌っていると、
神さまの深いご臨在を感じます。
ゴスペルや賛美を通して、神さまの素晴らしいご栄光を見ていきたいと思います。
23:28:21 | ゴスペル | コメント(0) | page top↑
聖徒の忍耐と信仰
2009 / 11 / 28 ( Sat )
「地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、
世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。
耳のある者は聞きなさい。とりこになるべき者は、とりこにされて行く。
剣で殺す者は、自分も剣で殺されなければならない。
ここに聖徒の忍耐と信仰がある。」
<黙示録13章>
23:27:33 | みことば | コメント(0) | page top↑
新型インフルエンザではない事の証明
2009 / 11 / 27 ( Fri )
2009-0902-1241.jpg
 風邪を引いて、一人でご飯も食べられずに寝込んで二日目という息子が
アルバイト先に「仕事を休ませてください」と申し出たところ、
「新型インフルエンザかどうか診察を受けるように」と言われたそうです。
ふらふらの状態で診察を受けに行った結果、
新型インフルエンザではなく普通の風邪だったそうです。

 でも、アルバイトを休むなら、
代わって担当してくださる別の人を自分で探さなければならないと言われたそうで、
今日、アルバイトを休むことができたかどうかは不明です。
出勤しても、ふらふらな状態ではまともな仕事ができるかどうかが問題ですね。

 いろいろ「感謝」なことが続いている息子ですが、
とりなしの祈りの要請の電話をかけてくるということは、
祈りの力と神さまのみわざに期待しているということですから、
こちらも神さまに期待しつつとりなしていきたいと思っています。

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

22:46:18 | 2009年冬 | コメント(0) | page top↑
小羊の血とあかしのことばのゆえ
2009 / 11 / 27 ( Fri )
「今や、私たちの神の救いと力と国と、また、神のキリストの権威が現われた。
わたしたちの兄弟たちの告発者、
日夜彼らを私たちの神の御前で訴えている者が投げ落とされたからである。
兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに彼に打ち勝った。
彼らは死に至るまでもいのちを惜しまなかった。
それゆえ、天とその中に住む者たち。喜びなさい。」
<黙示録12章>
22:44:41 | みことば | コメント(0) | page top↑
落としたコートのボタンが見つかりました!
2009 / 11 / 26 ( Thu )
 休日の今日は、たまっていた用事を済ませるため、
あちらこちらといろいろな場所を巡り歩きました。
途中から雨が降り出したため、急きょ100円ショップで傘を購入。
再び歩き始めた時、
コートのボタンが一つ取れてしまっていることに気づきました。
どこかで外れて、落ちてしまったのでしょう。

 すぐさま「感謝」の祈りをして、無事に見つかりますように、
すべてをご存じの神さまがボタンのある場所を教えてくださいますように、
と祈りました。
祈っていると、すぐに、途中で立ち寄ったあるお店のゴミ箱が浮かんできました。
そのお店に戻り、店内を見回してゴミ箱を発見、
すぐさま蓋を開けて中を見たところ、
ゴミ箱の底には数枚のレシートと一緒に一つのボタンが入っているのが見えました。
神さまはこんな小さな一つのボタンさえ、ご存じで、無事に守っていてくださり、
再び、この手に戻してくださいました。本当に感謝です。

テーマ:幸せなひととき - ジャンル:結婚・家庭生活

22:50:51 | 2009年冬 | コメント(0) | page top↑
第七の封印の第七のラッパの時
2009 / 11 / 26 ( Thu )
「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。
主は永遠に支配される。
…死者のさばかれる時、あなたのしもべである預言者たち、聖徒たち、
また小さい者も大きい者も
すべてあなたの御名を恐れかしこむ者たちに
報いの与えられる時、
地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。」
<黙示録11章>
22:49:50 | みことば | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。