スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
イスラエルチーム出発
2010 / 10 / 31 ( Sun )
 今年も明日から「聖所から流れ出る水ミッション」という
宣教団体から遣わされるイスラエルチームが出発します。
約2週間、イスラエルの地で聖書にかかわる各地を巡り、
祈り込みの時や聖書を読み込む時を持ち、
毎日、聖会が開かれ、ガリラヤ湖での新年礼拝も開かれます。

 私はお留守番ですが、
このチームに参加する方々は、派遣の準備で大忙しのようです。
同じ仕事に携わっている上司の方も参加するので、
派遣中の仕事についていろいろと打ち合わせなどで頻繁に連絡をいただきます。
上司の派遣中も、
この仕事が神さまの守りと助けの中で順調に進められるようにと祈っています。

 そして、またいつか私もイスラエルに行ける時が来るようにと願っています。
ぜひ、家族一緒に参加したいと思います。
スポンサーサイト
21:48:27 | 2010年秋 | コメント(0) | page top↑
心を開いて、悟らせる
2010 / 10 / 31 ( Sun )
「イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、こう言われた。
『次のように書かれています。
キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり、
その名によって罪の赦しを得させる悔い改めが、
エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。
あなたがたは、これらのことの証人です。』」
<ルカの福音書24章>
21:44:39 | みことば | コメント(0) | page top↑
大学受験体験のパネリストとして
2010 / 10 / 30 ( Sat )
 台風の影響が心配される中、今日、息子はちょっと遠くまで出掛け、
パネリストの一人としてある会合に出席した…はずです。

 以前、息子の大学合格の体験記を読んだ方から、
ぜひにと要請されて実現したようです。
息子は、特別なことは何もしていないし、
今まで一度も塾にも行ったことないし、
親から「勉強しなさい」と言われたこともないし…と言っていましたが、
何も特別なこともせず、塾にも行かずに大学に受かったのはなぜ?と、
そこを聞きたいということでの要請だったようです。

 息子の高校進学も大学進学も神さまの導きを求めた上でのことで、
人間的な思いも力も超えたものでした。
そして、いろいろな方々のとりなしの祈りを受け、
さまざまな助けを受けてのことでしたので、
それをどのように多くの皆さまの前で話せるか、
そして、分かっていただけるか、ということがポイントですが…。

 後で電話が通じたら、ぜひ今日の会合の様子を聞いてみたいと思っています。

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

21:54:22 | 2010年秋 | コメント(0) | page top↑
パラダイス
2010 / 10 / 30 ( Sat )
「まことに、あなたに告げます。
あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」
<ルカの福音書23章>
21:51:50 | みことば | コメント(0) | page top↑
年齢に関係なく
2010 / 10 / 29 ( Fri )
 最近、テレビで放映された映画を見て、いろいろ考えさせられました。
「やさしい刺繍」という題名だったか…?

 古い伝統に縛られたち小さな村に住む80歳を超えた女性たちが、
それぞれに困難な状況に置かれながらも、お互いに手を取り合いながら、
夢に向かって新たなことに取り組んでいく姿を描いていました。
夫を失くした悲しみから立ち上がり、念願だった自分のお店を開く、
夫を病院に送り迎えするために自動車の運転免許を取得する、
友人の助けとなるためにパソコンやインターネットを習得する、
新たなかかわりを開いていく…など。

 若くてもなかなか踏み切れないこともあるものですが、
この映画を見て、何かを始めるにあたっては、年齢は関係ないこと、
遅すぎることはないことをあらためて思いました。
とにかく「一歩を踏み出す」ことなんだなぁ…と。

 私も30年以上も抱いてきた思いに、今、具体的に取り組み始めたところです。
スタートしたばかりですが、初めて課題というものを提出したところ、
「賞」と名が付くところまであと一歩だったと聞かされました。
始めたばかりの者にとって、とても励みになりましし、
これから先も続けていっていいという確認にもなりました。
今後の事は分かりませんが、とりあえず、
踏み出した一歩に続いて二歩目も進んでみようと思います。
21:57:09 | 2010年秋 | コメント(0) | page top↑
みこころのとおりに
2010 / 10 / 29 ( Fri )
「イエスは、…こう祈られた。
『父よ。みこころならば、この杯をわたしから取りのけてください。
しかし、わたしの願いではなく、みこころのとおりにしてください。』
すると、御使いが天からイエスに現われて、イエスを力づけた。」
<ルカの福音書22章>
21:54:50 | みことば | コメント(0) | page top↑
こたつむり
2010 / 10 / 28 ( Thu )
 寒い、寒いという言葉が飛び交っているこのごろです。
今日は主人は一日中、忙しく過ごしていましたが、
私はほぼ一日中、「こたつむり」状態で過ごしました。

 急に寒くなったためか、体調を崩してしまい、
ここ数日ほとんど臥せっています。
おまけに、右目のまぶたに小豆よりちょっと大きいくらいの
おできのようなしこりができてしまって、
まばたきするたびに違和感と痛みがあります。
いやしのための祈りもしてはいるのですが、
今、この違和感と痛みも感謝しつつ楽しんでいるところです。
21:54:50 | 2010年秋 | コメント(0) | page top↑
雲に乗って
2010 / 10 / 28 ( Thu )
「そのとき、人々は、人の子(イエス・キリスト)が
力と輝かしい栄光を帯びて雲に乗って来るのを見るのです。
これらのことが起こり始めたなら、
からだをまっすぐにし、頭を上に上げなさい。
贖いが近づいたのです。」
<ルカの福音書21章>
21:53:11 | みことば | コメント(0) | page top↑
行列でも 授業でも
2010 / 10 / 27 ( Wed )
 息子が帰省した時、
いろいろと神さまの守りと恵みについて聞くことができました。

 ある行列に並んでいた時、
11時~12時の間という時間指定があったのだけれど、
あまりに多くの人が並びすぎたため、
早くも11時30分には行列を締め切られてしまったそうです。
その日、息子は行列開始より早めに行って並んでいたため、
ちょうど行列の最後となったそうです。ぎりぎりセーフ!

 また、帰省するためには
土曜日の授業を2つ欠席しなければならないはずだったのですが、
ちょうどその授業を担当する教授の方のご都合で2つとも休講となったため、
欠席とはならずに済んだということです。
自分の遊びのために授業に出られないということではなく、
大事な用事のために授業に出られないということも
神さまはご存じでいてくださったのでしょう。

 「いろいろ神さまの守りと恵みがあったんだよぉ~」
とうれしそうに話してくれました。

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

23:01:49 | 2010年秋 | コメント(0) | page top↑
礎の石
2010 / 10 / 27 ( Wed )
「家を建てる者たちの見捨てた石、
それが礎の石となった。」
<ルカの福音書20章>
22:59:09 | みことば | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。