スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
奇しいわざ
2010 / 12 / 31 ( Fri )
「神は海を分けて彼らを通らせ、
せきのように水を立てられた。
神は、昼は雲をもって、彼らを導き、
夜は、夜通し炎の光で彼らを導いた。
荒野では岩を割り、
深い水からのように豊かに飲ませられた。
また、岩から数々の流れを出し、
水を川のように流された。」
<詩篇78篇>
スポンサーサイト
23:23:41 | みことば | コメント(0) | page top↑
奇しいわざを思い起こし
2010 / 12 / 30 ( Thu )
「私は、主のみわざを思い起こそう。
まことに、昔からのあなたの奇しいわざを思い起こそう。
私は、あなたのなさったすべてのことに思いを巡らし、
あなたのみわざを、静かに考えよう。」
<詩篇77篇>
23:24:31 | みことば | コメント(0) | page top↑
貧しい者たちをみな救うために
2010 / 12 / 29 ( Wed )
「あなたの宣告が天から聞こえると、
地は恐れて、沈黙を守りました。
神が、さばきのために、
そして地上の貧しい者たちをみな、救うために、
立ち上がられたそのときに。」
<詩篇76篇>
23:34:26 | みことば | コメント(0) | page top↑
切なる祈り
2010 / 12 / 28 ( Tue )
 息子から「祈っていてね」と緊急の電話がかかってきました。
とりなしの必要がある問題が発生したのです。
そのような時に、神さまに頼り、とりなしの祈りの力を信じて、
祈りの要請をしてくることをうれしく思いました。

 祈っていると、息子がどれほど痛み、苦しんでいるかと思うと、
祈りながらも、胸がいっぱいになってしまいます。
でも、天ではイエスさまもとりなしてくださっていることや、
父なる神さまがすべてを感謝できるように息子を変えてくださり、
そして、すべてを益としてくださることも強く感じます。

 息子の問題においても、
きっと神さまの愛とあわれみの御手の現れを見ることができることでしょう。

テーマ:家族 - ジャンル:結婚・家庭生活

22:03:06 | 2010年冬 | コメント(2) | page top↑
感謝の祈り
2010 / 12 / 28 ( Tue )
「私たちは、あなたに感謝します。
神よ。私たちは感謝します。
御名は、近くにあり、
人々は、あなたの奇しいわざを語り告げます。」
<詩篇75篇>
22:00:58 | みことば | コメント(0) | page top↑
ゴスペルコンサート 記念の写真
2010 / 12 / 27 ( Mon )
亀渕友香&VOJAクリスマスゴスペルコンサート

 今日は、12月12日に函館で行われた
「亀渕友香&VOJA クリスマスゴスペルコンサート」の
写真が入ったCDを市の担当者の方から頂きました。

 市民クワイアとして函館ゴスペルクラブも参加していたので、
とてもうれしい記念になります。
函館ゴスペルクラブのメンバーは
ゴスペルワークショップで教えてくださっていた
VOJAの指導者の大塚さんと最後の記念撮影しましたが、
そのたった1枚の記念写真がぼやけていたため感謝していましたが、
その場面をちょうど市の担当者の方も撮影してくださっていて、
とてもきれいに写っていました。本当に感謝しました。

 写真は、練習風景、リハーサル、本番、
そして本番後のステージでの全員の記念撮影、控え室での様子など、
あらゆる場面を撮影してくださっていて、
それを記念としてプレゼントしてくださり、本当にありがたく思います。

 担当してくださった方々が
とてもきめ細やかにお心遣いしてくださっていたことも、
このコンサートの大事な思い出となっています。
23:47:53 | ゴスペル | コメント(0) | page top↑
すべてを造られた
2010 / 12 / 27 ( Mon )
「昼はあなたのもの、夜もまたあなたのもの。
あなたは月と太陽とを備えられました。
あなたは地のすべての境を定め、夏と冬とを造られました。」
<詩篇74篇>
23:41:27 | みことば | コメント(0) | page top↑
1週間ぶりに復活!
2010 / 12 / 26 ( Sun )
 1週間ほど寝込むほどのひどい風邪をひいてしまい、
主人も私もダウンしていました。
23日に行われた札幌でのクリスマス・ゴスペルコンサートにも参加できなくて、
「ああ、こういう事もあるんだなぁ…」などと考えながら、
参加する皆さんが無事に往復できるようになどと祈りながら過ごしていました。

 昨日は1週間ぶりにやっとご飯を炊いて夕飯を食べることができました。
それまでの間は、ちょうどタイミングよくパンを送っていただいたりしたので
何とかしのいでいました。

 今日は、「ブログが更新されていないから、具合が悪いのかと思って…」と
心配してくださった知人からお電話をいただいたり、
「ひどい風邪のようだから、直接、顔を見る方が安心するから」
と夕飯を持って訪ねてきてくださる方があったりして、
本当にありがたいなぁと思いました。

 いろいろな皆さまのおかげで、復活しました。
ちゃんと雪かきもできました。
雪かきの途中で咳込んで苦しくてたまりませんでしたが、
空を見上げたら、きれいな彩雲を発見。
苦しさも吹き飛んでしまうほどの喜びがわき上がりました。
皆さまに感謝します。
22:45:57 | 2010年冬 | コメント(0) | page top↑
私の右の手をしっかりつかまえて
2010 / 12 / 26 ( Sun )
「私は絶えずあなたとともにいました。
あなたは私の右の手をしっかりつかまえられました。
あなたは、私をさとして導き、
後には栄光のうちに受け入れてくださいましょう。
天では、あなたのほかに、だれを持つことができましょう。
地上では、あなたのほかには私はだれをも望みません。
この身とこの心とは尽き果てましょう。
しかし神はとこしえに私の心の岩、私の分の土地です。」
<詩篇73篇>
22:42:53 | みことば | コメント(0) | page top↑
そうだったのかぁ~ 小さな一歩が
2010 / 12 / 21 ( Tue )
 12月12日に亀渕友香さんとVOJAさんのゴスペルコンサートに
函館ゴスペルクラブも市民クワイアとして出演させていただきましたが、
今日は主催者側の方とお話をする機会があり、
その方がご近所の方だと教えていただいたので親近感もあって、
なぜ今回のコンサートにお声をかけていただいたのか、
その経緯を伺ってみました。

 このイベントを担当したうちのお一人の方が、
昨年、札幌で行われたクリスマス・ゴスペルコンサートに
函館ゴスペルクラブが出演していたのを見たことがあり、
それで、今回のイベントにもお声をかけてくださったそうです。

 昨年の札幌でのコンサートには、
ほぼ2日間、徹夜状態で仕事をこなして体は限界の状態で、
遠路はるばる(?)函館から出掛けていって出演したのですが、
そのことが益となって、
こうして次の大きな恵みの場が開かれたのですねぇ。
まさに、「そうだったのかぁ~!!!」です。

 神さまは、このように物事を動かしてくださるものなのだなぁと
感動し、感謝しています。
私たちにできることはほんのわずかな事だけですし、
失敗だったと思うような出来映えだったりもするのですが、
神さまはそれらを何一つ無駄にはなさらないのだと確信しました。
そして、さらに神さまへの期待は大きくなっています。
20:51:08 | ゴスペル | コメント(2) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。