スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
修学旅行でゴスペルワークショップ in 金森ホール
2011 / 08 / 31 ( Wed )
ゴスペルワークショップ

 東日本大震災の影響で
修学旅行先も日程も変更になったという、
被災地の中学校の生徒さんたちが
修学旅行で函館にやって来ました。
体験学習として、
観光スポットの「金森ホール」で、
函館ゴスペルクラブとともに
「ゴスペルワークショップ」を共に楽しみました。

 ゴスペルクラブのメンバーは
皆、平日は仕事をしているので、
メンバーがそろわなくて大変でしたが、
ちょうど当日の朝、元のメンバーが帰省したので、
ワークショップに加わってもらいました。
本番前に1回、音合わせをしただけでしたが、
本番では力強い歌声と
とても雰囲気のいいコーラスを付けてくれていました。
ステージでも笑顔全開! 
手拍子もステップも軽やか! 
中学生とのコミュニケーションもとても上手で、
本当に助かりました。

 何といっても、中学生のちょっと照れたような、
それでも楽しげな笑顔を
いっぱい見ることができたのが最高でした。
何てかわいいんだろう!と、
こちらも笑顔いっぱいになりました。
笑顔って、本当にいいものですね! 
喜びがわき上がってきます。

 最後に、ゴスペルクラブから中学生にプレゼントした、
ゴスペルグループのGiftsの
最新CD「輝く光の中」(荒地に川ミュージック)、
「Yasuragi 10」(同)を
学校に帰ってから皆で聴いて、
そして、皆で歌ってほしいと思っています。

 それから、ホールのスタッフの方の
プロの仕事ぶりを見させていただいたことも
大きな学びと収穫になりました。
それに、とてもやさしい方たちなのです! 
ありがとうございました。

 ワークショップを行なってみて、
大きな課題も見えてきましたが、
それもこれからさらに神さまによって
整えられていくことでしょう。
「あなたのその力で行きなさい。
わたしが遣わすのではないか」と
語ってくださって
背中を押してくださった神さまに、
さらに頼っていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク - ジャンル:音楽

23:23:24 | ゴスペル | コメント(0) | page top↑
心を注ぎ出し
2011 / 08 / 31 ( Wed )
「ぼんやりしてはならない。
目を閉じてはならない。
夜の間、夜の見張りが立つころから、
たって大声で叫び、
あなたの心を水のように注ぎ出せ。
主に向かって手を差し上げ、
あなたの幼子たちのために祈れ。」
<哀歌2章>
23:22:35 | みことば | コメント(0) | page top↑
行きなさい
2011 / 08 / 30 ( Tue )
「すると、主は私に、
『行きなさい。わたしはあなたを遠く、
異邦人に遣わす。』
と言われました。」
<使徒の働き22章>
22:40:24 | みことば | コメント(0) | page top↑
プレゼントには、これ!
2011 / 08 / 28 ( Sun )
 同じ仕事に携わっている方から思いがけないプレゼントを頂きました。

 聖書です。
とても素敵な革製のカバーも付けてくださいました。
全体がローズピンクで、
バラの花が浮き彫りになっているカバーを見ていると、
何だかとても女性らしくなった気分で、「うふっ」です。
プレゼントしてくださった方ともう一人の方と色違いでお揃いだとか…。
それも、「うふっ」な気分です。

 きっと、「いつも身近な所に置き、もっと聖書を読みなさい」
という神さまからの語りかけなのでしょう。感謝します。
23:19:04 | 2011年夏 | コメント(0) | page top↑
天と地と世界
2011 / 08 / 28 ( Sun )
「主は、御力をもって地を造り、
知恵をもって世界を堅く建て、
英知をもって天を張られた。」
<エレミヤ書51章>
23:17:39 | みことば | コメント(0) | page top↑
年に数回の一人暮らし
2011 / 08 / 27 ( Sat )
 毎日、朝から夜までいつも
主人と一緒に過ごすという生活をしていますが、
年に数回だけ、
主人が一日中、仕事で遠方に出掛ける時があり、
その時には私も朝から夜まで
一人で過ごすことになります。

 いつも思うのは、
とにかく食事の支度をしなくていい!ということ。
手近なところにあるものだけを食べて一日を終えます。
何も食べるものが無ければ、
それでもいいかな…と。

 この年に数回の一人暮らしは手抜きだらけなので、
結果として、反省の一日ともなります。
23:13:26 | 2011年夏 | コメント(0) | page top↑
育成
2011 / 08 / 27 ( Sat )
「いま私は、あなたがたを
神とその恵みのみことばにゆだねます。
みことばは、あなたがたを育成し、
すべての聖なるものとされた人々の中にあって
御国を継がせることができるのです。」
<使徒の働き20章>
23:11:45 | みことば | コメント(0) | page top↑
函館カリスマ聖会&Giftsゴスペルコンサート
2011 / 08 / 26 ( Fri )
函館カリスマ聖会

 東京アンテオケ教会のパウロ秋元牧師ご夫妻、
北エルサレム教会のパウロ北野牧師を招いての
函館カリスマ聖会は無事、終了しました。

預言のセミナーでは「聖霊のバプテスマ」について学び、
メッセージでは、「第2ステージ」「攻める時」と語られました。
預言でも多くのことばから語りかけを受けました。感謝します。

Giftsゴスペルコンサート

 函館に初めてやってきたゴスペルグループの
Giftsによるコンサートも祝福されました。
聖会の前に行われた路上ライブを聴いて来場した人や、
お知らせのチラシを見て来場した人もいました。
素晴らしいハーモニーと心温まるトークも
Giftsらしい感じでした。
Giftsの皆さんには、特別に追加で2曲も歌っていただけました。
感謝です。

 コンサートを聴きに来た人がカリスマ聖会にも参加し、
最後にいやしの祈りもしてもらうことができました。
おまけに、片づけも率先して手伝ってくださったり、
講師の方々やGiftsの皆さんのお見送りまでしてくださいました。

 今日の祝福に満ちた聖会とコンサートを感謝します!
23:38:03 | ゴスペル | コメント(0) | page top↑
驚くべき奇蹟
2011 / 08 / 26 ( Fri )
「神は、パウロの手によって
驚くべき奇蹟を行なわれた。
パウロの身に着けている
手ぬぐいや前掛けをはずして病人に当てると、
その病気は去り、悪霊は出て行った。」
<使徒の働き19章>
23:37:59 | みことば | コメント(0) | page top↑
炊飯器の空だきにご注意!
2011 / 08 / 25 ( Thu )
 仕事をしている主人に「夕飯ですよ~」と声をかけてから、
炊飯器を開けた時、すごいショックな光景が目に入りました。
炊飯器の中にご飯が入っていなかったのです!

 「あ~~~~っ」という私の声に、
何事かと主人もお台所に顔を出し、炊飯器の中を見て、
「あらら」と一言。
そして、「感謝だね!」「疲れているんだねぇ」と慰めてくれました。

 お米を研いで炊飯器にセットしておいたつもりだったのに、
それは昨日の記憶だったようでした。
お米を入れないまま空だきをしてしまうなんていうことは、
今までの人生で初の失敗でした。

 結局、おかずは食卓に載っているものの、
ご飯がないという状態のまま、感謝して喜び踊っていたところ、
「あっ、そうだ!」と思い出しました。
おかゆの缶詰を1缶いただいてあったのです。
それを主人と二人で分けて食べて、
無事、夕飯を済ませることができました。
本当に感謝でした。

 明日は、炊飯器が無事に使えますように…。
22:44:17 | 2011年夏 | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。