スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
大笑い
2012 / 01 / 31 ( Tue )
 知人から電話があり、
仕事で皆に大笑いされるようなポカミスを連発してしまった一日だった…
とのことでした。
「本人にとっては、笑いごとではないんだけど~」と言って、
本人も大笑いしていました。

 ミスの内容を聞くと、とってもほのぼのとしていて、
心が温かくなるような笑いをもたらしてくれるようなものでした。

 周りに素敵な笑いをもたらし、
笑ってやり直しができるタイプのミスで良かった、良かった。
スポンサーサイト
22:08:54 | 2012年冬 | コメント(0) | page top↑
天に宝を積む
2012 / 01 / 31 ( Tue )
「自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。
そこでは虫とさびで、きず物になり、
また盗人が穴をあけて盗みます。

自分の宝は、天にたくわえなさい。
そこでは、虫もさびもつかず、
盗人が穴をあけて盗むこともありません。

あなたの宝のあるところに、
あなたの心もあるからです。」

<マタイの福音書6章>

"Do not lay up for yourselves treasures on earth,
where moth and rust destroy
and where thieves break in and steal;

but lay up for yourselves treasures in heaven,
where neither moth nor rust destroys
and where thieves do not break in and steal.

For where you treasures is,
there you haeart will be also."


22:07:35 | みことば | コメント(0) | page top↑
真冬日脱出 でも雪だるまに
2012 / 01 / 30 ( Mon )
花園温泉のつらら

 今日の函館の最高気温はプラス0.3度。
1週間ぶりのプラスの気温でした。
お昼ごろまでは日差しもあったため、
この気温でも暖かく感じました。

 明日、明後日はまた猛吹雪の予報が出ていますので、
今日中にと思い、外へ出る用事を済ませてきました。
途中、猛吹雪になりました。
一時的に猛吹雪の所があるという天気予報の通りでした。
雪だるま状態になりながら歩き、
途中で最後の用事を済ませるために郵便局に立ち寄りました。
思いのほか時間がかかったことも益となり、
用事を済ませたころには雪もやんでいました。

 家の前まで来てみると、
ご近所の方々が早速、雪かきを始めていたので、
合流して、ひと汗流しました。
昨日からお風呂場の水道が凍りついてしまっていて、
お風呂に入ることができませんでしたが、
今日は主人が頑張ってくれて、
何とかお風呂にはいることができました。
23:50:16 | 2012年冬 | コメント(0) | page top↑
備えがある所
2012 / 01 / 30 ( Mon )
「主の山の上には備えがある。」

「あなたの子孫によって、
地のすべての国々は祝福を受けるようになる。
あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」
<創世記22章>
23:48:19 | みことば | コメント(0) | page top↑
幸せだなあと思う時
2012 / 01 / 29 ( Sun )
湯の川温泉のステンドグラス

 礼拝を終えた午後、用事があって外へ出ました。
歩いている時、突然、
「ああ、幸せだなあ」という思いが湧き上がってきました。
何かがあったわけでもなく、
本当に突然、湧き上がってきた思いでした。
そばにいた主人にその事を話すと、
「良かったねぇ。何もなくても、そう思えるっていうのは、本当に幸せだねぇ」
と言ってくれました。

 幸せ気分で空を見上げると、彩雲や光環を見ることができ、
さらに幸せな気分は大きく膨らみました。
22:15:41 | 2012年冬 | コメント(0) | page top↑
わたしについて来なさい。
2012 / 01 / 29 ( Sun )
「イエスは彼らに言われた。
『わたしについて来なさい。
あなたがたを、人間をとる漁師にしてあげよう。』
彼らはすぐに網を捨てて従った。」
<マタイの福音書4章>
22:11:43 | みことば | コメント(0) | page top↑
寒くて凍ったもの
2012 / 01 / 28 ( Sat )
ピンクのミニシクラメンのつぼみ

 連日、最高気温も氷点下の真冬日が続いています。
最低気温も氷点下15度くらいなので、
今朝起きた時には、浴槽に張ってある水も凍り、
トイレの水タンクも凍りついていてレバーが動きませんでした。

 雪かきをして体を温め、腰とおなかにホカロンを貼り、
しょうが葛湯を飲み、食事は熱々の煮込みうどんを食べるなど、
寒さ対策をいろいろ試しています。

 この函館をはるかに上回るさらなる極寒地域、豪雪地域に住む方々は、
日々の生活にもさまざまなご苦労があり、
またさまざまな工夫があるのでしょうね。
共に春を待ち望むこととしましょう。
この厳しい冬を過ぎて、暖かい春がきたら、
その喜びはどれほど大きいことでしょう。
22:16:19 | 2012年冬 | コメント(0) | page top↑
天から告げる声
2012 / 01 / 28 ( Sat )
「イエスはバプテスマを受けて、
すぐに水から上がられた。
すると、天が開け、
神の御霊が鳩のように下って、
自分の上に来られるのをご覧になった。
また、天からこう告げる声が聞こえた。
『これは、わたしの愛する子、
わたしはこれを喜ぶ。』」
<マタイの福音書3章>
22:07:02 | みことば | コメント(0) | page top↑
インマヌエル
2012 / 01 / 27 ( Fri )
「このすべての出来事は、
主が預言者を通して言われた事が
成就するためであった。
『見よ。処女がみごもっている。
そして男の子を産む。
その名はインマヌエルと呼ばれる。』
(訳すと、神は私たちとともにおられる、
という意味である。)」
<マタイの福音書2章>
21:27:05 | みことば | コメント(0) | page top↑
冬道は ゆっくり ゆっくり
2012 / 01 / 26 ( Thu )
 寒い日が続いています。
北海道では氷点下30度を下回る地域もあるほど。

 少し前の暖かかった日々に解けた歩道の圧雪が再び凍り、
ごつごつの岩場のようになっています。
歩く時は、祈りと、足元の注意が必要です。
足を取られないように、滑らないように、
転ばないように、疲れないように…と。

 時々、足を止めて、一休み。
ふっと空を見上げると、
きれいな彩雲が広がっているのを見ることができ、
幸せ気分を味わうことができました。

 家へ帰るまでの所要時間は通常の倍くらいかかっているかもしれません。
でも、それだけ時間がかかっているということは、
その分、たっぷり祈る時間が与えられているということだと気づきました。
思わぬ恵みを受けたような気分です。
21:27:08 | 2012年冬 | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。