スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
空き家の情報
2012 / 04 / 30 ( Mon )
 実家は何年も空き家状態になっていて、
時々、見に行っている程度だったようです。
数年前には、家財の類も思い出の品々も全部盗難に遭い、
そして、今度は、サッシの戸が全部盗られてしまったという情報を聞きました。

 これでは、家は開け放し状態で雨風も防ぐこともできず、
動物も出入りするでしょうし、
そう遠くないうちに廃屋になってしまうでしょう。
家族は皆、「仕方ないねぇ」と諦めています。

 聖書にあることばが思い出されます。

「自分の宝は、天にたくわえなさい。
そこでは、虫もさびもつかず、
盗人が穴をあけて盗むこともありません。
あなたの宝のあるところに、
あなたの心もあるからです。」
<マタイの福音書6章>

"But store up for yourselves treasures in heaven,
where moths and vermin do not destroy,
and where thieves do not break in and steal.
For where your treasure is,
there your heart will be also."
<Matthew 6>
スポンサーサイト
23:49:31 | 2012年春 | コメント(0) | page top↑
大型連休中の 函館元町公園
2012 / 04 / 30 ( Mon )
 今日も午前の礼拝を終え、午後は賛美隊として外へ出掛けました。
心から賛美をささげていると、神さまが近く感じられます。

 函館の観光スポットとして有名な元町公園は、大好きな場所です。
元町公園から眺める景色がとても素敵で、心が落ち着きます。

 正面には函館湾、右手には津軽海峡、
なだらかな山に向かって家々が立ち並び、
遠くには五稜郭タワー、もっと遠くには未来大学も見えます。
着陸態勢に入った飛行機も高層ホテルの上に次々と姿を現し、
「海外宣教にも行くぞ!」という思いが与えられます。

 今日は自転車で往復約20キロ。
帰りにはおいしい和菓子屋さんを探しながら自転車を走らせました。
今のところ、なかなか気に入って和菓子屋さんは見つかっていません。
スーパーマーケットの中にも和菓子屋さんが入っていたことを思い出し、
立ち寄ってみましたが、その和菓子屋さんは撤退してしまっていました。残念。

 でも、パンコーナーの端の方に並んでいた和菓子のパックが、
上生菓子が2個と3色串団子が2本入っていて100円!というのを見つけ、
思わず買ってしまいました。
疲れた時には甘いものが欲しくなりますから。

 夜7時からは、インターネットで配信される東京アンテオケ教会の第7礼拝の恵みに与り、
最近、神さまから語り掛けられていたことと同じ内容が語られ、確認ともなりました。
終了後、夕飯の準備に取り掛かり、やっと遅い夕食にありつけました。
00:16:21 | 2012年春 | コメント(0) | page top↑
励む!
2012 / 04 / 30 ( Mon )
「そして、私たちは、もっぱら
祈りとみことばの奉仕に励むことにします。」
<使徒の働き6章>

"and will give our attention
to prayer and the ministry of the word."
<Acts 6>
00:13:36 | みことば | コメント(0) | page top↑
すっきり スト~ン
2012 / 04 / 28 ( Sat )
 昨日、徹夜祈祷会でお祈りしていた時、
今までも頭では「その通り」だと思っていたし、
信じてもいた聖書のみことばが、
霊の内に、すっきり、スト~ンと入ってきた感じがしました。

「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、
神はその願いを聞いてくださるということ、
これこそ神に対する私たちの確信です。
私たちの願う事を神が聞いてくださると知れば、
神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。」
<ヨハネの手紙第一5章14、15節>

 このみことばが確かに自分の霊の糧とされたことは
本当に感謝なことです。
このみことばの実を次々と見ていくようになることを思うと、
さらにさらに感謝でいっぱいです。
23:52:19 | 2012年春 | コメント(0) | page top↑
春の香り
2012 / 04 / 28 ( Sat )
 「ああ、春だなぁ~」と思うこのごろ。
家から見える向こうの丘には牛を飼っている牧場があり、
この時期になると何らかの作業が始まるらしく、
牛の糞のニオイが漂ってきます。
このニオイがしてくると春本番です。

 以前、この牧場の方までお散歩に行ったことがあります。
牧場入り口には、とても雰囲気のいい看板が掛かっています。
お若いご夫婦と小さい子どもさんが牧場のお仕事をしていました。
牧場の隅ではヤギも1匹、草を食んでいました。

 なかなか雰囲気がいい所です。
02:46:30 | 2012年春 | コメント(0) | page top↑
牛丼、完食!
2012 / 04 / 28 ( Sat )
 朝から忙しかったため、ご飯を用意することもできず、
ずっと「おなか空いた~」の状態でした。

 教会の用事で出掛けた主人が牛丼を買って帰ってきてくれたので、
やっと夕方5時すぎにご飯にありつけました。
ちょっと量が多いかなと思いながら食べ始めましたが、
自分でも驚くほど、あっという間に全部食べきってしまいました。
旺盛な食欲に感謝です。

 「よく全部食べたねぇ」と主人にほめられ、
「あと2、3杯は食べられるよ!」と豪語してみました。
02:45:10 | 2012年春 | コメント(0) | page top↑
イエス・キリストの御名
2012 / 04 / 28 ( Sat )
「この方以外には、だれによっても救いはありません。
世界中でこの御名のほかには、
私たちが救われるべき名としては、
どのような名も、人間には与えられていないからです。」
<使徒の働き 4章>

"Salvation is found in no one else,
for there is no other name under heaven
given to mankind by which we must be saved."
<Acts 4>
02:43:59 | みことば | コメント(0) | page top↑
もうクリスマスの準備?
2012 / 04 / 26 ( Thu )
 所属しているゴスペルクラブでは、
今日、ある団体から
「今年のクリスマスパーティーでゴスペルを歌ってください」
とお声を掛けていただきました。

 もうクリスマスの準備を進めているのですね。
企画を考える担当の方も大変だと思いますが、
このゴスペルクラブを見つけてくださってありがとうございます!
という思いです。
詳細についての打ち合わせはこれからですが、
メンバー皆で楽しみにしています。
23:13:05 | ゴスペル | コメント(0) | page top↑
町内会総会 高齢化問題も
2012 / 04 / 26 ( Thu )
 今日は町内会の総会がありました。
1年間、何事もなく無事に班長の役目を終えることができ、
今日、新旧の班長を交代してきました。感謝です。

 総会には約50名が出席。
町内会の高齢化が問題として挙げられていました。
会場を見渡せば、
出席者の中で私と同世代くらいか年下のような人はほんの数人だけで、
ほとんどが70代、80代の方々でした。
最高齢の出席者は95歳。

 会場の椅子席が足りなくなったので、
「若い」部類の私は会場の外へ出て、
階段の踊り場の所に腰掛けて総会の様子を聞いていました。
気温が18度もあったにもかかわらず
会場内は暖房を使っていたので汗だく。
その上、整髪料の臭いが充満していて、とても苦痛でしたから、
会場の外へ出られたのは好都合でした。

 帰る時間には大雨でした。
でも、「もし雨が降ったら、傘を持って迎えに行ってあげるよ」
と前もって言ってくれていた主人が町内会館の玄関で待っていてくれました。
ほんの数分の道のりを、雨の中、仲良く一緒に帰ってきました。
23:11:40 | 2012年春 | コメント(0) | page top↑
金銀ではなく
2012 / 04 / 26 ( Thu )
「すると、ペテロは、『金銀は私にはない。
しかし、私にあるものを上げよう。
ナザレのイエス・キリストの名によって、歩きなさい。』
と言って、彼の右手を取って立たせた。
するとたちまち、彼の足とくるぶしが強くなり、
おどり上がって、まっすぐに立ち、歩きだした。
そして歩いたり、はねたりしながら、神を賛美しつつ、
ふたりといっしょに宮にはいって行った。」
<使徒の働き 3章>

Then Peter said, "Silver or gold I do not have,
but what I do have I give you.
In the name of Jesus Christ of Nazareth, walk."
Taking him by the right hand, he helped him up,
and instantly the man's feet and ankles became strong.
He jumped to his feet and began to walk.
Then he went with them into the temple courts,
walking and jumping, and praising God.
<Acts 2>
23:09:20 | みことば | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。