スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
北海道も涼しくはありません
2012 / 07 / 30 ( Mon )
 ほぼ1週間、北海道でもとても暑い日が続いています。

 函館でも最高気温が30度を超える日が続いています。
この時期の函館の最高気温は平年で25度くらいですから、
約5度くらい高いことになり、
体感的には「真夏日」を超えた「猛暑日」のように感じられます。

 クーラーも扇風機もないわが家では、うちわが活躍しています。
そろそろひと雨欲しいところです。
スポンサーサイト
22:40:18 | 2012年夏 | コメント(0) | page top↑
親指負傷中
2012 / 07 / 30 ( Mon )
 ちょっと痛みがあるかな…
と思っていた右手の親指の痛みが増してきていて、
痛みの範囲も広がっています。
左の指に比べてだいぶ腫れていて、
心なしか指が外側に曲がっているようにも見えます。
原因は、不明です。
主人は「大丈夫! 折れてはいない!」
と心強い診断(!)を下してくれました。

 ペンや包丁を握るとき、仕事でパソコンを使うとき、
その他日常生活でのさまざまな作業をするときに痛みを感じ、
右手の親指は実に働きものであることをあらためて感じています。

 でも、ありがたいことに、お箸を持つ時には痛みを感じないので、
食事をすることには何の問題もなく、助かっています。

 何が原因か、どこに問題が生じているのか、
どうすれば治るのか…など神さまに聞きながら、
いやされるようにと祈っているところです。
22:39:26 | 2012年夏 | コメント(0) | page top↑
いつも 絶えず すべての事に
2012 / 07 / 30 ( Mon )
「いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって
神があなたがたに望んでおられることです。」
<テサロニケ人への手紙第一5章16~18節>

Rejoice evermore.
Pray without ceasing.
In every thing give thanks:
for this is the will of God
in Christ Jesus concerning you.
<1 Thessalonians 5:16~18>
22:38:17 | みことば | コメント(0) | page top↑
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女
2012 / 07 / 29 ( Sun )
 今日の礼拝では「悔い改め」の恵みや、
霊的に見わけることの大切さも教えられ、
さらに、途中からでしたが、テレビで
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」を見ることができ、
興味深く見ました。

 この映画は聖書を土台としている物語なので、
アスランの姿にイエス・キリストの十字架による贖いが重なります。
救いの恵みの大いなること、信じるということ、目を覚まして備えていること―など、
大事なことをいくつも語りかけを受けました。

 第2章もテレビ放映されたら、ぜひ見たいと思います。
23:58:04 | 2012年夏 | コメント(0) | page top↑
空中で主と会う 携挙
2012 / 07 / 29 ( Sun )
「主は、号令と、御使いのかしらの声と、
神のラッパの響きのうちに、ご自身
天から下って来られます。
それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、
次に、生き残っている私たちが、
たちまち彼らといっしょに雲の中に引き上げられ、
空中で主と会うのです。
このようにして、私たちは、
いつまでも主とともにいることになります。
こういうわけですから、このことばをもって
互いに慰め合いなさい。」
<テサロニケ人への手紙第一4章16~18節>

For the Lord himself shall descend from heaven with a shout,
with the voice of the archangel,
and with the trump of God:
and the dead in Christ shall rise first:
Then we which are alive and remain shall be caught up together
with them in the clouds,
to meet the Lord in the air:
and so shall we ever be with the Lord.
Wherefore comfort one another with these words.
<1 Thessalonians 4:16~18>
23:57:28 | みことば | コメント(0) | page top↑
ぎりぎり…で
2012 / 07 / 28 ( Sat )
 月末が締め切りの提出物がありました。
なかなかまとまった時間を取ることができなかったために、
締め切り間近になっても提出物が完成せず、
結局、徹夜で取り組むことになってしまいました。

 徹夜祈祷会の前後に少しずつ取り組み、
何とかぎりぎりで完成させました。
さあ、提出…となるはずでしたが、
今日は土曜日なので郵便局の窓口が開いていない! 
そのため、宅配便で送ることになってしまいました。

 B5版の封筒を送るのに、
宅配便の料金を支払うことになるとは…。
何とも感謝なことをしてしまったものです。
この提出物にそれほどの意味があるものとも思えないのですが、
う~ん、何かあるのかも…。
23:17:24 | 2012年夏 | コメント(0) | page top↑
見たいもの 聞きたいもの
2012 / 07 / 28 ( Sat )
 神さまからの語りかけというのは
いろいろな方法で与えられるものだなぁと
あらためて思わされています。
聖書やメッセージはもちろん、
預言を通して語られたり、祈りの内に語られたりするほか、
最近、新聞やテレビを通しても語られてくることがあり、
感謝しています。

 「人は自分が見たいと思うものしか見ない、
聞きたいと思うものしか聞かない」と書かれた新聞記事から、
「神さまが見せてくださるものを見、
聞かせてくださるものを聞く」こと、
そしてそれを受け取ることが大事であると語られました。

 また、テレビドラマの一場面からは
「正しく仕えなさい」と語りかけを受けました。

 日々の生活の中に神さまが共にいてくださることの恵みって、
こういうところにも表れるのだと、とてもうれしく思います。
23:16:15 | 2012年夏 | コメント(0) | page top↑
主イエスが再び来られるとき
2012 / 07 / 28 ( Sat )
「また、あなたがたの心を強め、私たちの主イエスが
ご自分のすべての聖徒とともに再び来られるとき、
私たちの父なる神の御前で、
聖く、責められるところのない者としてくださいますように。」
<テサロニケ人への手紙第一3章13節>

To the end he may stablish your hearts unblameable
in holiness before God, even our Father,
at the coming of our Lord Jesus Christ
with all his saints.
<1 Thessalonians 3:13>
23:14:51 | みことば | コメント(0) | page top↑
自閉症、多動症の女児がゴスペルに出会い
2012 / 07 / 26 ( Thu )
 長野県白馬で開かれたゴスペル大会の小学生以下の部で
ESHURUN(エシュルン」)が3年連続優勝しました。
彼女は、3歳の時に重度の自閉症、多動症と診断されたそうです。
その後、ゴスペルと出合い、驚くほどにいやされ、
すばらしい歌声を聞かせてくれます。

 今年は白馬での大会を聞きに行くことができなかったため、
その前の7月22日、東京で行なわれたゴスペルTVに出演したときの動画
http://gltv.blogspot.jp/2012/07/20120722tv.html?Submit36=2012%E5%B9%B407%E6%9C%8822%E6%97%A5)を通して、
その歌声を聞くことができました。
ESHURUNの出演は2番目です。

 ESHURUNの歌声はもちろん、
奏楽を担当しているShokoさんの見守るようなまなざしにも祈りと愛を感じます。
お薦めです。
23:24:34 | 2012年夏 | コメント(0) | page top↑
神に愛され、選ばれた者
2012 / 07 / 26 ( Thu )
「神に愛されている兄弟たち。
あなたがたが神に選ばれた者であることは
私たちが知っています。」
<テサロニケ人への手紙第一1章4節>

Knowing, brethren beloved,
your election of God
<1 Thessalonians 1:4>
23:22:57 | みことば | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。