スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
信じているとおりになったら
2013 / 01 / 07 ( Mon )
 所属している教会の礼拝メッセージでは、この数か月間、
「信仰」についての語り掛けが続いている。

 今日のメッセージでも
「あなたがたの信仰のとおりになれ」
というみことばが与えられた。

 自分の信仰がどのようなものなのか、
自分は何を信じているのか、
何を願っているのか…。
自分の信仰のとおりになったとき、
何を見ることができるか…。
それらが試されることばだともいえる。

 私は救い主のイエスのいやしと奇跡を信じている。
それを願っている。
きっと、それを見ることができる! 
それを告白しておく。

 今日も礼拝の後、空にはきれいな彩雲が現れた。
祝福のしるしだ。
スポンサーサイト
00:12:58 | 2013年冬 | コメント(0) | page top↑
神から与えられた権威
2013 / 01 / 07 ( Mon )
「イエスは答えられた。
『もしそれが上から与えられているのでなかったら、
あなたにはわたしに対して何の権威もありません。』」
<ヨハネの福音書19章11節>

Jesus answered,
“You could have no power at all against Me
unless it had been given you from above.”
<John 19:11>
00:10:28 | みことば | コメント(0) | page top↑
頼もしい女性たち
2013 / 01 / 06 ( Sun )
 外出時に見た光景。

 梯子を掛けてガレージの屋根に上り、
雪下ろしをしていた女性がいた。
笑顔での「よいしょお~っ!」
という掛け声も楽しそうだった。
雪下ろしという大変な作業も、
こうしてやると楽しくできそうだ。

 庭では、ご主人らしき方が心配そうに見守っておられた。

 以前、女子高校生がミニスカートにヒールの高いブーツ姿で、
屋根の雪下ろしをしている姿や、
クリニックの女性職員が半袖の制服姿で
屋根の雪下ろしをしている姿も見たことがある。

 頼もしい女性たちがいっぱいだ。
 でも、雪下ろしは危険も伴うので、十分な注意が必要。
01:08:05 | 2013年冬 | コメント(0) | page top↑
空を見上げれば…彩雲
2013 / 01 / 06 ( Sun )
 雪の季節には、太陽と青空が見られることは少ないが、
今日は太陽も青空も見え、とても清々しい一日だった。

 祈りが終わった後、空を見上げたら、
見事な彩雲も見ることができた。
きれいな彩雲がいくつも広がっていた。
祈りの答え、神さまの祝福を思う。
01:06:42 | 2013年冬 | コメント(0) | page top↑
真理に属する者
2013 / 01 / 06 ( Sun )
「わたしは、真理のあかしをするために生まれ、
このことのために世に来たのです。
真理に属する者はみな、
わたしの声に聞き従います。」
<ヨハネの福音書18章37節>

For this cause I was born,
and for this cause I have come into the world,
that I should bear witness to the truth.
Everyone who is of the truth hears My voice.
<John 18:37>
01:05:49 | みことば | コメント(0) | page top↑
スーパープレゼンテーション
2013 / 01 / 05 ( Sat )
 最近、さまざまな事を通して、多くの人を通して、
いろいろな学びが与えられている。

 2013年1月2日、NHK教育テレビで放送された
「スーパープレゼンテーション新春SP」で登場した
ブライアン・スティーブンスン氏は
アメリカで弁護士の働きをしている。
「司法の不公正について語ろう」と題して、
裁判における人種差別からくる不公正について語っていた。

 日本語字幕付きの動画を
インターネットで見つけることができた。
時間がある時に、またじっくりと見てみたいと思う。
http://blog.be-open.net/idea/super_presentation-2013-1-2/

 彼が長い間、取り組んできたこの働きは、
彼の使命なのだろうと感じた。
とても大きく、そして困難な問題であっても、
彼は使命を受け、責任と覚悟をもって取り組んでいるのだと思えた。

 彼は小さいころから、祖母から
「あなたは特別な子よ」と言われて育ったそうだ。
彼のきょうだいも皆、その言葉を受けて育ったという。

 彼のプレゼンテーションを聞き終わったとき、思わず拍手していた。
本当に学ぶところが多いプレゼンテーションだった。
01:50:16 | 2013年冬 | コメント(0) | page top↑
雪の中の露天風呂
2013 / 01 / 05 ( Sat )
 昨日は念願の温泉に行ってきた。
源泉かけ流しの温泉銭湯だ。
現代ふうの「スパ」という感じではなく
古いタイプの「銭湯」そのもの。

 温泉はオープン40周年記念ということで、
入浴料が割引になっていた。

 外には露天風呂があり、
初めて雪の中で露天風呂に浸かってみた。
体は温まるが、
雪が舞い落ちてくるので顔はひんやりとして、
のぼせることなく長時間楽しめて、
なかなか気持ちが良い。

 帰るときには雪はやんでいた。
たまには温泉という恵みもありがたいものだ。
01:31:50 | 2013年冬 | コメント(0) | page top↑
永遠のいのちとは
2013 / 01 / 05 ( Sat )
「その永遠のいのちとは、
彼らが唯一のまことの神であるあなたと、
あなたの遣わされたイエス・キリストを知ることです。」
<ヨハネの福音書17章3節>

And this is eternal life,
that they may know You,
the only true God,
and Jesus Christ whom You have sent.
<John 17:3>
01:18:31 | みことば | コメント(0) | page top↑
求めなさい
2013 / 01 / 04 ( Fri )
「求めなさい。
そうすれば受けるのです。
それはあなたがたの喜びが
満ち満ちたものとなるためです。」
<ヨハネの福音書16章24節>

Ask, and you will receive,
that your joy may be full.
<John 16:24>
00:24:41 | みことば | コメント(0) | page top↑
お正月は温泉…!
2013 / 01 / 02 ( Wed )
 年末年始のこの時期、わが家は普段どおりの仕事の体制だ。
 毎日の雪かきも、いつもどおり。

 暗くなった時、カーテンの隙間からピカッと光が見えた。
稲妻だった。その後、大きく雷の音が鳴り響いた。
稲妻も雷も、1回ずつ。
 たまには、こういう刺激もいいいかもしれない。

 明日は最高気温が氷点下6度という予報が出ている。
温泉にでも行ってゆっくり温まってこようか…。
いつもとは違う何かをしたいと思う。
22:40:57 | 2013年冬 | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。