スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ミシンが不調のとき
2013 / 05 / 19 ( Sun )
久しぶりにミシンを取り出して快調に縫い始めました。
ところがしばらくすると、針がまったく動かなくなってしまいました。
糸掛けの手順や糸調節、布と針と糸のバランス等々、何度も見直してはミシンを動かそうとしましたが、相変わらず針がまったく動きません。
傍にいた主人がすぐに「ミシンが快調に動きますように」と祈ってくれました。そこで私も「問題の原因が見つかりますように。それを解決できますように」と祈りました。その直後、糸掛けの一箇所が外れているのが目に入りました。
そこを直してミシンを動かすと、針は気持ちよく動き始めました。

「すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、
かえって悲しく思われるものですが、
後になると、これによって訓練された人々に
平安な義の実を結ばせます。」
<ヘブル人への手紙12章11節>
スポンサーサイト
22:03:01 | 2013年春 | コメント(0) | page top↑
路上にウグイス
2013 / 05 / 09 ( Thu )
 お散歩中に主人が路上にウグイスを見つけました。
 車に轢かれてはいけないと、主人が両手でそっと掬い上げようとすると、パタパタッと羽ばたいて、目の前の植え込みの枝に止まりました。まだ小さい子どもなのかもしれません。あまりうまく飛べないようでした。それでも、路上から避難できたので、ひと安心です。
 主人はもうウグイスの初音を聞いたそうです。
 まだ「ホー、ホケキョ」でなく、「キョ、キョ…」というような鳴き方だったそうです。上手に鳴けるようになるまではもう少し?

「そんな雀の一羽でも、
あなたがたの父のお許しなしには
地に落ちることはありません。
…だから恐れることはありません。
あなたがたは、
たくさんの雀よりもすぐれた者です。」
<マタイの福音書10章29、31節>

And not one of them
falls to the ground apart
from your Father’s will.
…Do not fear therefore;
you are of more value
than many sparrows.
<Matthew 10:29, 31>
08:36:41 | 2013年春 | コメント(0) | page top↑
函館でも桜が開花
2013 / 05 / 08 ( Wed )
 最高気温が18.7度まで上がった今日5月8日、夕方になって、函館海洋気象台が函館・五稜郭公園内にあるソメイヨシノで桜の開花を確認しました。平年より8日遅い開花となりました。
 遅いかのように思っても、希望をもって待ち続けていれば「春」は確実にやって来ます。

「もしおそくなっても、それを待て。
それは必ず来る。遅れることはない。」
<ハバクク書2章3節>

Though it tarries, wait for it;
Because it will surely come,
It will not tarry.
<Habakkuk 2:3>
23:32:14 | 2013年春 | コメント(0) | page top↑
部屋の中でお花見
2013 / 05 / 07 ( Tue )
 北海道で最も早く桜が開花する松前でやっと桜が咲いてきました。
 函館での今年の開花予想日は5月3日でしたが、寒い日が続いていたため、今日7日になっても蕾がほんのりピンクに色づいたくらいです。明日から3日間は気温も高くなるので、一気に咲くかもしれません。
 わが家では、4月に剪定された桜の枝を頂いてきて部屋に飾っておいたので、一足早く4月末にはかわいい桜の花を見ることができました。これもうれしい恵みです。


「主は私の切なる願いを聞かれた。
主は私の祈りを受け入れられる。」
<詩篇6篇9節>

The Lord has heard my supplication;
The Lord will receive my prayer.
<Psalm 6:9>
23:24:15 | 2013年春 | コメント(0) | page top↑
いつもみことばとともに
2013 / 05 / 06 ( Mon )
 日々、聖書のみことばを通して豊かに語りかけを受けることができるのは大きな恵みです。

 必要なものを祈り求めていたときには、締切期限間近になって、「必ず与えてくださいます」「間に合う」というみことばが与えられ、そのみことばの通りに、締切最終日に間に合って、完全に与えられました。

 誕生日には、「あなたは、わたしの子。きょう、わたしがあなたを生んだ」ということばが与えられ、祝福を受けました。

 また、苦しい状況に置かれた際には、「イエスは、死の苦しみのゆえに栄光と誉れの冠をお受けになりました」「主は、ご自身が試みを受けて苦しまれたので、試みられている者たちを助けることがおできになるのです」というみことばで励まされました。

 まさに「霊の糧」であるみことばによって守られ、養われ、導かれ、祝福されていることを感じます。
23:52:44 | 2013年春 | コメント(0) | page top↑
息切れが治りました!
2013 / 05 / 05 ( Sun )
 薬の服用による副作用のため、2月から3月にかけて3週間ほど息切れが続いていましたが、3月中旬に開かれた函館カリスマ聖会に出席し、神さまへの賛美をささげているうちに完全にいやされました。
 その後も薬の服用は続いていますが、副作用の息切れはまったくありません。
 いやしてくださった神さまに感謝しています。

神は賛美を住まいとし
「けれども、あなたは聖であられ、
イスラエルの賛美を住まいとしておられます。」
<詩篇22篇3節>

But You are holy,
Enthroned in the praises of Israel.
<Psalm 22:3>
21:53:59 | 2013年春 | コメント(0) | page top↑

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。