スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
実地訓練のテスト
2014 / 09 / 22 ( Mon )
 以前、マーリン・キャロザースさんの「感謝と賛美のセミナー」を受けるために
日本からアメリカへ教会から団体で参加したことがありました。
そのセミナーにはアメリカからの参加者もいました。

 セミナーでは、すべての事の裏には
私たちには測り知れない神さまの大きなご計画があり、
それはすべてが益となり、
すばらしい祝福が現されるものなので、
喜ばしく思えない事も感謝して、
神さまが益としてくださり、祝福を現してくださることを信じ、
期待していきましょう―と語られました。

 そのセミナーの帰り、アメリカから参加した一人の方は
グループとは別行動でアメリカのご自宅に帰宅する予定でしたが、
その方はスーツケースが行方不明になってしまったと、
とても焦っておられ、今にも泣きだしそうでした。

 感謝と賛美のセミナーを受けての帰りでしたから、
すぐに感謝の祈りをするという信仰の対応を取るようにと勧めました。
そして、グループの責任者の方にも
スーツケースが行方不明であることを伝えておきました。

 しばらく祈っているとその方は落ち着いてきました。
その後、スーツケースが無事に見つかったという連絡が入りました。

 このように実際の生活のさまざまな場面においても、
聖書をとおして語られている神さまのことばを信じ、
神さまご自身を信じて、
そのみことばのとおりにするということは私たちの守りとなり、
また恵みとなることを学びました。
そして、このような経験を一つ一つ積み重ねてくることによって、
神さまは、さらに神さまへの信仰、期待、希望を大きく育ててくださいます。

 今日は、そんな事などを思い起こした一日でした。

「いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって
神があなたがたに望んでおられることです。」
<テサロニケ人への手紙第一5章16~18節>
23:34:02 | 2014年秋 | page top↑

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。