スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
事故の後遺症がいやされ、一等賞
2014 / 10 / 24 ( Fri )
 実家の母との電話でうれしい話を聞きました。
町の運動会があり、
老人会が出場する走る競技で
一等賞を取ったということでした。
以前のように、とても気持ちよく軽やかに走れたと
喜びいっぱいに話してくれました。

 母は今、87歳です。
5年前には交通事故の後遺症のため、
いつも頭は重く感じられ、膝には痛みがあり、
脚全体もむくんでいるという状態でした。
歩く時にはほかの人に腕を抱えてもらって歩いていて、
家の周囲のお散歩も、50メートルほど歩くと、
「もう帰る」と言ってすぐに家に入ってしまうほどでした。
さらに、段差がある場所も大変で、
階段で2階に上がる時にも
一段ずつ這って上がるような状態でした。

 でも、ある日曜日に教会へ行き、
イエスさまを信じて救いを受け、
そして、いやしのためにお祈りをしてもらいました。
その途端、頭を覆っているものがすーっと無くなっただけでなく、
膝が熱くなったと思ったら、痛みもむくみも無くなっていました。

 ですから、今回、運動会の走る競技で
一等賞を取れるほどの走れたということは、
本当にうれしい神さまからのプレゼントだと思いました。

「信仰による祈りは、病む人を回復させます。
主はその人を立たせてくださいます。
また、もしその人が罪を犯していたなら、
その罪は赦されます。」
<ヤコブの手紙5章15節>
22:48:08 | 2014年秋 | page top↑

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。