スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
総選挙の今日
2014 / 12 / 14 ( Sun )
 全国的に大寒波のために大雪の地域も多かったようです。
昼頃でも気温は氷点下6度くらいでしたから、
函館でもとても寒く、雪かきも大変でした。

 そのような中でも教会へ行って神さまに礼拝をささげ、
メッセージを受けることができるのは恵みだと思います。
今日は、イエスさまが弟子たちを遣わす際に、
悪霊を追い出す「権威」を与えたことについて語られました。
そのほか、最近、聖書を読んでいて語られたことには、
「清い」者であることや、「へりくだる」ことなどがあります。

 今日は総選挙でした。もちろん投票に行ってきました。
いろいろ考えさせられることがありました。

「正しい者たちは、
天の父の御国で
太陽のように輝きます。」
<マタイの福音書13章43節>
22:55:09 | 2014年冬 | page top↑
心の支え
2014 / 12 / 13 ( Sat )
 とても喜ばしい出来事もあれば、
まったく逆の出来事も起こります。
でも、どのようなつらい状況に置かれたとしても、
いつも平安と喜びと希望に満たされていられるようにと願っています。

 特に心の支えとなるのが聖書のみことばです。
つらい時や苦しい時に真っ先に思い浮かべるのが次のみことばです。

「彼はいたんだ葦を折ることもなく、
くすぶる燈心を消すこともない。
公義を勝利に導くまでは。
異邦人は彼の名に望みをかける。」
<マタイの福音書12章20、21節>
21:08:41 | 2014年冬 | page top↑
インフルエンザに注意
2014 / 12 / 12 ( Fri )
 例年よりだいぶ早くインフルエンザが流行しているようです。
外出した際には、帰宅後、手洗いとうがいをするなど気を付けています。

 …が、風邪をひいてしまいました。
シャンプーした後、濡れた髪のまま、
寒い部屋で寝たのがいけなかったようです。
早く治るように祈りつつ、
しっかり栄養と睡眠をとっていきたいと思います。

「すべて、疲れた人、
重荷を負っている人は、
わたしのところに来なさい。
わたしがあなたがたを休ませてあげます。
わたしは心優しく、へりくだっているから、
あなたがたもわたしのくびきを負って、
わたしから学びなさい。
そうすればたましいに安らぎがきます。
わたしのくびきは負いやすく、
わたしの荷は軽いからです。」
<マタイの福音書11章28~30節>
23:32:25 | 2014年冬 | page top↑
新しい味
2014 / 12 / 09 ( Tue )
 まだ食べたことがないおいしいものは、
いっぱいあるのですね。

 昨日、お魚を頂きました。
初めて見るお魚で名前が分かりませんでしたが、
お勧めに従って煮魚にしてみました。
ドンコに似ているような気もしましたが、
さらに絹のような上質な白身でとてもおいしくて、
大感動しました。

 食べ物に限らず、まだ私たちが受けていない
神さまからの恵みと祝福はいっぱいあることでしょう。
神さまに対しては信仰をもって
熱心に求めていきたいと思います。
私たちは天にあるすべての霊的祝福をもって
祝福されているものなのですから。

「あなたの信じたとおりになるように。」
<マタイの福音書8章13節>
23:21:19 | 2014年冬 | page top↑
最善の道を求めて
2014 / 12 / 08 ( Mon )
 人が一人一人違うように、
歩む道もやはりそれぞれに違うものです。
他の人と比べるのではなく、
それぞれの人にとっての
最善の歩みをすることが大切だと思います。

 厳しく困難に見えるような道も、
後になって、それらのすべてが益とされ、
祝福に変えられていることがわかるでしょうし、
歩んできた道が愛しくも思えることでしょう。

 先の事は人にはなかなかわからないものですが、
それでも最善を求めていくと、
そこに素晴らしい景色が広がってくることでしょう。

「求めなさい。そうすれば与えられます。
捜しなさい。そうすれば見つかります。
たたきなさい。そうすれば開かれます。
だれであれ、
求める者は受け、
捜す者は見つけ出し、
たたく者には開かれます。」
<マタイの福音書7章7、8節>
22:12:27 | 2014年冬 | page top↑
久しぶりの太陽
2014 / 12 / 07 ( Sun )
 最高気温が氷点下3度、
最低気温は氷点下10度くらいという寒い真冬日を脱して、
今日は久しぶりに太陽が顔を出しました。

 光がまぶしく感じられ、
心も体もあたたかく感じられる中、教会へ。
礼拝でのメッセージでは、
「信仰」と「不信仰」の違いが明らかに語られました。

 神さまを信じ、求めるなら、
神さまの愛による奇しいみわざを見ることができ、
恵みを受けることができるのだと、あらためて思いました。

「自分の宝は、天にたくわえなさい。
そこでは、虫もさびもつかず、
盗人が穴をあけて盗むこともありません。
あなたの宝のあるところに、
あなたの心もあるからです。」
<マタイの福音書6章20、21節>
23:04:28 | 2014年冬 | page top↑
雪の季節
2014 / 12 / 03 ( Wed )
 台風のような低気圧と寒波のため、
函館でも強風と雪に見舞われています。
とうとう雪の季節がやってきました。

 庭の片付けもぎりぎり間に合って終わり、
部屋着の冬用ぬくぬくガウンも押し入れから引っ張り出しました。
20年以上も前に主人のために編んだセーターを編み直そうと、
一日かかってほどきました。

 日が短いので、夜が長い…。
ということは、いろいろ手仕事もできるはず…です。
少しずつ進めようと思います。

「主の手は短いのだろうか。
わたしのことばが実現するかどうかは、
今わかる。」
<民数記11章23節>
21:45:04 | 2014年冬 | page top↑
恵みがいっぱい
2014 / 11 / 26 ( Wed )
 お野菜や果物をよく差し入れてくださる方がいらっしゃいます。
この方から頂くものは、
普段自分で買って食べているものよりも格段においしく、
いつも感動してしまいます。
まだ食べたことのないものなども頂戴し、
そのレシピまでも教えていただいているので、
お料理教室のようでもあります。

 今日は遠方から宅配便で
さまざまな食材などが送られてきました。
ちょうど欲しかったものがいっぱい詰まっていました。
その中でも特に驚いたのは、
脂肪を燃焼させるというコーヒーが入っていたことです。
まさに、ダイエットのために神さまに祈っていたところでしたので、
その答えのようでした。

 ただ単に頂き物をしましたということだけではない、
それ以上の豊かな恵みをたっぷりと感じるのです。
こんなに良くしてくださる方々と神さまに感謝いっぱいです。

「主があなたがたを祝福し、
あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、
あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、
あなたに平安を与えられますように。」
<民数記6章24~26節>
23:19:03 | 2014年秋 | page top↑
天国はほんとうにある
2014 / 11 / 25 ( Tue )
 映画「Heaven is for Real」(http://www.heaven-is-for-real.jp)と、
「God Is Not Dead」(http://godsnotdead.jp)を見たいと思っています。

 最近、NHKテレビで脳に関するさまざまな研究を取り上げていた番組の中で
臨死体験をした方の例も取り上げられていました。
よく考えると、死ぬ際には皆、臨死体験をするわけですね。
でも、死の淵からこの世に戻った人だけが臨死体験を語ることになるのですね。

 天国についての描写が聖書に書かれています。
ヨハネの黙示録やその他の巻にも、いろいろ書かれています。
やはり、帰るべき天の故郷へ帰り、
永遠に父なる神さまのみもとで仕えていきたいという思いを強くします。

「見よ。神の幕屋が人とともにある。
神は彼らとともに住み、
彼らはその民となる。
また、神ご自身が彼らとともにおられて、
彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。
もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。」
<ヨハネの黙示録21章3、4節>
23:53:07 | 2014年秋 | page top↑
太陽の恵み
2014 / 11 / 24 ( Mon )
 アメリカでは大寒波のため2メートルもの積雪があったそうで、
デンバーでも気温が氷点下22度まで下がったとか…。
そのような中で暖房節約というのは、だいぶ厳しいですよね。
冬の厳しい寒さの中でも暖かく過ごせますように、
健康が保てますように―と祈らずにはいられません。

 函館では先週、厳しい寒さが続き雪も降ったのですが、
ここ数日は比較的暖かく、日差しも届いたので、
太陽の恵みをたっぷり受けられました。
洗濯物も外へ干せたし、久しぶりにお布団も干せました。
外へ出ても、歩いていると体が温まり、上着が要らないほどでした。
自然に、「ああ、感謝…。ああ、幸せ…」と声が出ます。

「あなたのみわざは偉大であり、
驚くべきものです。
主よ。万物の支配者である神よ。
あなたの道は正しく、真実です。
もろもろの民の王よ。」
<ヨハネの黙示録15章3節>
23:06:16 | 2014年秋 | page top↑

前ページ | ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。